一般歯科、審美歯科、予防歯科、歯周病、ホワイトニング
オールセラミック、ノンクラスプデンチャー、軟性義歯

〒970-8026 福島県いわき市平字田町63-4
TEL 0246-23-6684

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、 スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

歯ぎしり

歯ぎしり

最近、歯ぎしりが原因と考えられる不快症状や、歯の破折を訴えて来院なさる患者さんが増えています。歯ぎしりはなかなか自覚しにくく、昼間の診断だけでは夜の歯ぎしりの頻度や程度を客観的に知るのは困難ですが、歯の減り具合や動揺などによって、おおまかな想像はつきます。一番困るのは、歯ぎしりをしているという自覚が無い方が多い事です。
口腔内写真や模型をお見せすると納得されますが、半信半疑の様子です。
「人に言われた事がありません。」と6割以上の患者さんは同じ答えが返ってきます。
「ギリギリ音がしない歯ぎしりがあるんですよ。」と説明しますが、全く歯ぎしりを自覚なさっていない方が多いようです。
病的な歯ぎしりは歯を強くかみしめた時のさらに数倍~十数倍もの力がかかるそうです。

そもそも人はなぜ歯ぎしりをするのでしょうか。
かみ合わせのずれや疲労、精神的ストレスなどいろいろ原因は指摘されていますが、実は歯ぎしりの原因ははっきりわかっていないのが現状です。
したがって歯ぎしりの治療は対症療法が中心になります。代表的な治療法のひとつに歯に合わせて作った合成樹脂製のマウスピースをはめて眠る「スプリント療法」があります。歯への負担を軽くし、歯ぎしりを軽減する事が期待できます。健康保険が適用されますので、かみ合わせの調整と併用して治療していくと効果的です。

歯科医院での治療も大切ですが、就寝時の環境づくりも工夫してみましょう。 室温や枕、ベットなど安眠に配慮し、顎を枕に押しつげず仰向けで寝るようにする事も大切です。


朝日新聞より引用