一般歯科、審美歯科、予防歯科、歯周病、ホワイトニング
オールセラミック、ノンクラスプデンチャー、軟性義歯

〒970-8026 福島県いわき市平字田町63-4
TEL 0246-23-6684

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、 スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

歯周病と全身疾患

歯の病気は主に虫歯と歯周病です。
虫歯は減少傾向にありますが、歯周病罹患者は成人の80%以上で歯を失う最大の原因になります。

歯周病は歯肉炎と歯周炎に分類され、歯肉炎は歯肉だけ侵される病気で、
歯周炎は炎症が歯槽骨まで進行した病気です。
痛みもなく静かに進行していく為、自覚症状が出た時は手遅れで抜歯になることもあります。

全体的に中等度の歯周病の場合、手のひら程の炎症が身体の存在する計算になります。
この炎症(細菌)が心臓病、呼吸器疾患、糖尿病、未熟児出産に深く関与してきます。

中等度以上の歯周病罹患者は心臓病のリスクが25%増加すると言われ、冠状動脈の閉塞部から歯周病菌が見つかった報告があります。

呼吸器疾患とも深い関わりがあります。
口の中の細菌量が増加し、細菌を唾液と一緒に誤嚥することで肺炎を起こす可能性が高くなります。


歯周病はもはや口の中の病気にとどまらず、生命に関わる病気と言えるでしょう。
歯周病の管理は一生続ける必要がある為、通院しやすい信頼できる歯科医院を選ぶ事が大切です。



写真は45歳女性の口腔内写真です。20年間、年3回のメンテナンスを欠かした事がありません。
歯肉は健康なピンク色で20代の歯肉状態です。
勿論虫歯は1本もありません。
毎日就寝前は10分間のブラッシングを行い、仕上げにフロスで歯間の汚れを清掃しています。



歯周病は自分で防げる病気です。

口腔内の健康が全身の健康につながります。

 

健康時と歯周病時の比較症例

 

健康な歯肉   歯周病の歯肉
 

色 :うすいピンク
形 :とがっている
固さ:ひきしまって固い
出血:なし

 

色 :炎症があり赤い
形 :丸くなっている
固さ:ぶよぶよしている
出血:あり

 

健康な歯周組織   歯周病の歯周組織